【スペイン バルセロナ】カシーノフェスティバル レポート① Workshop編

 まるでキューバに戻ったかのような、そんな2日間が終わりました。さて、ワークショップ編とパーティー編の2回に分けてレポートを書いていきたいと思います。

 
 まずその前に、前回の記事で、今回のフェスティバルの会場は4つ星ホテルですと記載していたのですが、直前になって会場が変更になりました。チケット購入者にお知らせメールが届いたのが開催前々日。土曜日のワークショップ会場とパーティー会場、そして日曜日のパーティー会場までもが変更になりました。当初予定していたホテルで開催されたのは日曜日のワークショップのみ。こんなことってあるのかと驚きましたが、主催者がキューバ人だから仕方ないのかなとも思ったり。会場変更のお知らせメールが届いただけまだましです。ちなみに会場が変更になった理由は、ホテルのホールレンタル代が値上がりして予算が合わなくなったから。それはもう少し事前にわかっていたのでは?と思いましたが。来年以降参加する皆さん、直前での会場変更がないか必ずチェックしてくださいね。

 

 さて、そんな中始まった今回のカシーノフェスティバル。私は土曜日に3つ、そして日曜日には6つのワークショップに参加しました。一日に6つもレッスンを受けたのなんて人生で初めて。習えるものは習える時に習っておきたい、その思いでお昼休憩を挟んで6コマ頑張りました。

 20ヶ国以上の人が参加した今回のフェスティバル。こんな大勢の人の中でワークショップに参加したのは初めてでした。その中で気づいたこと、わかったことがあります。

f:id:yukayuuche:20191210055341j:plain

レディーススタイルクラス by Yelnay Hopuy

 思いっきり踊りたいのであれば、Pasos Libres(フリーステップ、つまり一人で踊るステップのこと)のワークショップを取ること。なぜなら、ペアワークのレッスンでは思いっきり踊れません。今回受けたペアのクラス、実は汗かいたクラスは一つもありませんでした。何十人もが一つのクラスにいます。今回、レベルは中級と上級の2つに分かれているだけ。中級の中には、サルサを始めたばかりの人、まだ入門、初級レベルの人たちも混ざっています。そうなると、想像してみてください。レベルがバラバラです。先生がレッスンの中で教える技を必ずしも全員がその時間内で習得できるわけではありません。できていない人達がいても、レッスンは進んでいきます。誰も待ってはくれません。ペアを交代するクラスもありましたが、交代しないクラスの方が多かったです。つまり、丸一時間同じ相手と踊ります。男性にしろ女性にしろ、その相手が必ずしもその時間内にその技を習得できるとは限りません。先生が教えた技を結局できないまま丸一時間終わることだってあるのです。なので、フェスティバルのワークショップで思いっきり踊りたいという人は、ぜひフリーステップのクラスに参加してくださいね。絶対新しい技を学ぶんだ!という人はペアのクラスに挑戦してみてください。

※あくまで今回のフェスティバルの感想なので他のフェスティバルでも同様かはわかりません。

 
 さて、そんな中、今回のワークショップを受けてぜひお勧めしたいのがこのダンサー2人。まず一人目は、今回のイベントオーガナイザーでもある、Jorge Camaguey(ホルヘ・カマグエイ)。

f:id:yukayuuche:20191210055602p:plain

キューバ人インストラクター Jorge Camaguey

 約20年間にわたり、ヨーロッパで活躍するキューバ人インストラクター。名前だけは以前から聞いたことがあったけれど、実際にはどんな人なのか知らず、今回初めて彼のワークショップを受けてとても勉強になりました。すごく説明をしっかりしてくれます。歴史的なこと、リズムのこと、楽器のこと、踊りの細かい違い、全て本当に丁寧に、そしてわかりやすく、たまには冗談も混ぜながら説明してくれました。もっとこの先生から習いたいと思い、彼のクラスには全て参加しました。踊りだけでなくいろいろな知識を習得したいという人には絶対おすすめの先生。ただ、説明は全てスペイン語です。たまに英語の通訳を入れてくれる時もありましたが、8割全てスペイン語スペイン語がわからない人にはちょっと辛いかもしれないですが、スペイン語がわかる人はぜひ一度受けてみてくださいね。

 

 そして2人目はこちら、Kevin Cano(ケビン・カノ)。彼はスペイン人インストラクター。

f:id:yukayuuche:20191210055728p:plain

スペイン人インストラクター Kevin Cano

 スペイン人からキューバサルサを習う日が来るなんて。なんだかとても新鮮でした。今回のワークショップのインストラクターはほぼ全員キューバ人だった中、彼は唯一のスペイン人男性インストラクター。Pasos Libres(フリーステップ)のクラスに参加しました。とっても楽しかった!本当その一言に尽きます。教え方といい、ノリといい、ステップといい、使う曲といい、全て私の好きなスタイル。一番思いっきり踊れたのもこのクラス。バルセロナ在住の先生らしいので、一度レッスンを覗きに行ってみようかなと思います。あまり海外で教えたりはしていない先生みたいなので、スペインに来る機会がある方はぜひ彼のレッスンを受けてみてくださいね。
 
 やっぱり、レッスンを受けられるのって本当に幸せ。
新しいことを学べるのって本当に楽しい。いくつになっても勉強し続けるのって大事だなって改めて思いました。人それぞれ、勉強したいことはもちろん違うけれど、私はサルサをこの先もずーっと勉強していきたい。今回様々な先生のレッスンを受けて、改めてそう思いました。

 パーティー編はまた別で報告します。

f:id:yukayuuche:20191210061547j:plain

フリーステップクラスの様子 by Lieb J