「サルサなしでは生きられない」

 サルサを始めてから6年半、一度もやめずにただひたすら踊り続けてきました。そんな私が、一旦サルサをお休みしようと、日本での最後のショーを区切りにサルサを踊るのをやめたのが今から1ヶ月と3週間前。その間に私は日本を離れ、ワーキングホリデーでスペイン、バルセロナへとやってきました。引っ越しや旅の準備、そしてこちらに着いてからも家探しや職探しとバタバタしていて、気がついたら全く踊らずに1ヶ月が経過。 


 1ヶ月も踊らないなんて、サルサを始めてから一度もありませんでした。一言で言って、体がおかしくなってしまいそう。首も肩もこるし、足首もちょっと動かしただけで音が鳴ったりするし、体が硬くなっているのが全身でわかる感じ。
正直、もはや生きている気がしません。

 

「踊りたい!!」

 

そう体が叫んでいる。
日本にいた頃は、体を休ませるため、一週間のうちにせめて一日は踊らない日を作ろうと思うほど毎日踊っていました。レッスンをして、レッスンを受けて、ショーに向けた練習をして、週末はイベントで踊って、その繰り返しの日々。時間があればスタジオで一人自主練。そんな生活を続けていた私が、ある日突然踊ることをやめるとどうなるかわかりますか?


精神的に病みます。

正直病んではいませんが、メンタル的によくない影響を与えるのは確か。
なぜなら、

笑わないから。

私が一番幸せだと感じる瞬間、それは踊っている時。

踊っている時、それは、本当に心から楽しいと思える瞬間。
ダンスをやめるということは、私にとって、自ら笑顔を奪い取るということ。
なんでそんなことをしたのか?
きっと疲れていたのでしょう。本当にちょっと休憩したかったのでしょう。

ただ、そんな休憩は1ヶ月もあれば十分でした。


サルサがないと生きていけない。

そう気づいた私は、遂に先週から再び踊り始めました。
生き返った!!
久々にダンスシューズを履いた喜び、言葉では言い表せません。
本当に涙が出そうでした。

 

これからバルセロナで過ごす一年間。
せっかくヨーロッパにいられる貴重な機会。
バルセロナを拠点に、ヨーロッパの様々な地域で開催されるサルサフェスティバルやイベントにできるだけ沢山参加したい!
そして、ヨーロッパのサルサ事情を日本のサルサファンの皆さんにどんどん発信していきたい!
そういう思いでこのブログを立ち上げました。

 

旅先で踊りに行きたい!
ヨーロッパのサルサフェスに参加してみたい!
海外でレッスンも受けてみたい!

 

このブログが、そんな方の少しでも手助けになればなと思います。
そして、サルサを好きな人が、ずっとずっと踊り続けていられるよう、更に、サルサの輪がもっともっと広がっていくことを願って。

あなたが本当に好きなこと。
それは、どんな理由をつけたって、決して誰も奪い取ることはできません。
私とサルサももはや切り離せないもの。

 

なぜなら、

 

サルサなしでは生きていけないのだから。

 

f:id:yukayuuche:20191204081353j:plain

2019.10.12 日本での最後のショーの日